2014年01月28日

不動産のポータルサイト業界に、ついにYahooが本格参入してきます。

不動産のポータルサイト業界に、ついにYahooが本格参入してくるのをご存知でしょうか?

定額制 低料金を武器にシェアを獲得しようということで。


もともとYahoo不動産=athomeと連携していました。

だから、今後は、Yahoo不動産が独自路線を貫く感じに思っている人も多いことでしょう。


結局のところ、低料金よりも「反響」の多さと、反響単価、

さらに案内、契約にどれだけつながっていくか?


その数字が悪いと、業者からの広告料金と広告出稿で運営する以上
利用数も伸び悩むし、
athome、SUUMO、Homesの3大ポータルの牙城を崩すのは容易ではありません。


大手 中堅の仲介は安定して広告を必ず出してくるでしょうが
零細系はやってみてダメなら、athomeやSUUMOだけとか
契約更新しないとか、シビアです。


最近ではヤフオクを無料化にしましたが、ヤフーの戦略はBBフォン無料配りと同じく
無料・低価格で集客して薄利多売あるいは、違う方法で収益化する戦略のようですね。

アドパークやオウチーノよりは伸びてくると思いますが、
3大ポータルに割ってはいるかというと、たぶん難しいか相当時間がかかる気がします。
posted by 不動産営業太郎 at 22:53| Comment(0) | これからの不動産ネット販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

不動産の反響に困ったら、ひたすらブログを書いて反響を増やそう


Facebook、ブログと色々ある中で

最も集客につながるのは何か?

FacebookにはFacebookなりの良さがありますが


私個人はブログが一番だと思います。


理由は、

1 モバイルサイトからの集客にアプローチができる

  (ブログがスマホやガラケーに自動対応しているため)

2 無料

3 外部リンクによるSEO効果




弱点は、すぐに結果は出ないこと。


だから、気長にやるか、ひたすら毎日何度も記事を書いて頑張るか?

どちらかです。


ブログといってもいろいろあり、
アカウント削除のリスクの高さが懸念されるアメーバは、集客ではたぶん業界ナンバー1.


シーサー、So-net、あたりがわりと集客力があるかと。


ライブドアやFC2はカスタマイズが豊富な反面、

1記事書いても、アクセスアップは見込めません。

アメーバの半分以下でも珍しくはないですね。


ただ、アメーバは規約変更で商用ブログの利用が厳しくなったので

安心して使えるという意味ではこの2つはおすすめです。


ブログの前に、記事を書く根気と労力こそ
最も大事ということは、いうまでもありません。

反響がないと地獄、反響多ければ年収1000万プレーヤーもッ夢ではありません。

それが不動産営業の世界。
posted by 不動産営業太郎 at 07:52| Comment(0) | これからの不動産ネット販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

インターネットで不動産を探すお客さんをメインに契約決めないと、今後苦しむのは営業マン自身

インターネットで不動産を探すお客さんは3~5社は問い合わせている関係で、

・なかなか営業の表舞台に出てこない

・返事がない

・業者っぽい

・手数料割引のサイトの存在を知っている人もいる


紙媒体ではめっぽう強い営業マンであっても、

デジタルのお客さんにはからっきし数字が悪い営業は数多くいます。



反響平等にもらえる会社もあれば

物件担当制

エリア担当制

さらに営業成績の数字がいい人限定

ネットの営業で営業成績の数字がいい人限定


「ルール」によって分ける会社も数多い。



どっちにしろ、ネットのお客さんは賃貸でも売買でも

苦手意識持つと、今後不動産で食べにくくなるリスクはあると思って
克服しておかないといけません。



ただでさえ、今後、持ち家志向のない今の若い世代が相手の場合、

売買はどんどん物件飽和・需要減少で数字的に一部のエリア以外は

激安にしてもなかなか売れない「家余りの時代」に突入するからです。


そんな中で、デジタルのお客さんは苦手とか言っていたら、

反響の貯金が常にスッカラカンで困るのは自分です。
posted by 不動産営業太郎 at 17:10| Comment(0) | これからの不動産ネット販売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。