2013年12月03日

フライング発表の調べ方|平成25年宅建試験合格発表

明日 合格発表ですね。

フライング発表での調べ方は、平成23年度のときの調べ方を参照にどうぞ。


合格ラインの話よりも、合格したら書類関係早くそろえて主任者証手に入れる準備を。

特に、実務講習受講はあっという間にどんどん火曜と水曜日が埋まっていくので

料金と日程と予約の準備を。



それと、不合格だったら、私が23年度合格ライン36点のころに比べて

ラインが下がっても、問題が難しくなっているので

独学で挑戦する場合、よく考えたほうがいいですよ。


独学でお金をかけずに不合格では
お金より大事な「時間と労力」という貴重なものが失われるのですからね。
posted by 不動産営業太郎 at 22:08| Comment(0) | 平成25年度(2013)宅建試験特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

10月27日時点の宅建2013年度 合格ライン一覧

あなたは、宅地建物取引主任者になれているかな?


10月27日時点

資格の大原  33±1  (32点〜34点)
http://www.o-hara.ac.jp/best/takken/sokuhou/#01


LEC   33±1  (32点〜34点)
http://www.lec-jp.com/takken/juken/


日建学院  34±1  (33点〜35点)
http://www.ksknet.co.jp/nikken/guidance/housing/kaisoku/index.aspx


宅建ゼミナール  33点または34点

http://www.takuzemi.com/2013kaitosokuho.htm


住宅新報社  34点
http://www.jutaku-s.com/page/id/52

http://www.jutaku-s.com/newsp/id/0000019365


TAC   33±1  (32点〜34点)  
http://www.tac-school.co.jp/sokuhou/takken/


ダイエックス   34±1  (33点〜35点)  
http://www.dai-x.com/takken/06_sokuho.html



権利関係重視してきた人にとっては
過去問やってもたいして得点つながらずに今年は不合格だった人が多いことでしょう。



今後ますます「難解化」してくればくるほど予備校講座が人気が出ますね。

posted by 不動産営業太郎 at 23:16| Comment(0) | 平成25年度(2013)宅建試験特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

昨日から2013年度合格ラインの話題で1か月続くんですね。


ライン上の人の心中、お察しします。


ただ、私は2年前、38点で2点セーフで合格したので

「おー あぶねー。+これなら合格だな」確信しかありませんでしたが。






昨日、電話で2年連続不合格、

現役の不動産営業の知り合いの人に電話で聞いたみたところ



今年は受けなかったそうです。

Σ(゜Д゜ノ)ノ




理由は仕事が忙しかったから




こうして、1年に1回しかないチャンスにもかかわらず

また1人、宅建合格したい人がライセンス持てずにさ迷い歩き

そのうち、


「宅建なくても仕事で数字あげればいいんだし、

もう取るのやめた!」





そう言い出すのが、目に見えています。

posted by 不動産営業太郎 at 19:56| Comment(0) | 平成25年度(2013)宅建試験特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。