2012年09月22日

不動産フルコミ営業の知られざる世界4.募集情報の入手について

不動産フルコミ営業の知られざる世界4.募集情報の入手について



不動産仲介を主に、フルコミ営業の一般にはあまり知られざる世界について
お話していきます。

不動産フルコミ営業の知られざる世界3.募集情報の入手について


フルコミでの求人有料広告での募集自体、あまりないのと

ハローワークでは、固定給以外では、請け負い始め
フルコミは募集出せないので

実質的にネットでの一般検索で「ホームページ」の告知

またはタウンワークでの「固定給」募集での
「完全歩合給」募集があるかどうか


この2点で探すことになります。

賃貸・売買の仲介には多いですが
投資マンション営業には見たことがありません。

分譲も見かけませんね。

仲介でなら、検索すると出てきますから

探し方は、

「不動産 スタッフ募集+エリア(東京 または ●×区)+完全歩合+求人」

業務委託、採用情報など関連キーワードなどでも検索してみると
情報が出てきます。

フルコミの世界は全国共通で

歩合率は反響の用意、物件の用意、営業経費の負担割合によって異なりますが
50%が基本です。

生活が苦しいから上げてくれというのは通りません。


数字上げているから、
来月からこの数字以上売り上げ達成したら +5%アップしてくれと

そういう交渉は効果的で可能性は高いです。


あとは、歩合率が高い会社を持つけるまで在籍し
見つけたらそちらへ移動するということも「あり」でしょう。

posted by 不動産営業太郎 at 12:10| Comment(0) | 不動産フルコミ営業の知られざる世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

不動産フルコミ営業の知られざる世界3.物件情報の入手について

不動産フルコミ営業の知られざる世界3.物件情報の入手について



不動産仲介を主に、フルコミ営業の一般にはあまり知られざる世界について
お話していきます。


不動産フルコミ営業の知られざる世界3.物件情報の入手について

物件情報の入手については、フルコミでやっている人は
自分で売主からのルートを使って人脈で集める人が多い。



売買では物件情報の入手が反響と並ぶ生命線。

分譲営業にはこういうのがないので
(分譲営業のフルコミ制も聞いたことがない)

仲介ならではのことかもしれません。



物件情報さえ良ければ、そこのエリアで探している顧客リストさえあれば
苦労なく契約になるためで(フルコミ契約先の古反リストなど)

フルコミでやるならば、いかにレインズにない物件を
早い段階からもらってくるかが勝負。



賃貸では物件情報とか反響とかより、
単に給与体系がフルコミになっているだけで、固定とかわりません。

 
賃貸はステカンとかせず、ネット反響と飛び込み対応ですので
小銭稼ぐなら土日限定で「賃貸」で繁忙期限定でやらせてくれとかのほうが
よっぽどいいと思います。


シーズン通してならフルコミは、絶対「売買仲介」以外
賃貸ではやるべきではありません。


反響数が多くないと、あまり稼げないからです。


でも、駅前の1階とかでネットに強いなら
話は別ですが。。。
posted by 不動産営業太郎 at 20:58| Comment(0) | 不動産フルコミ営業の知られざる世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

不動産フルコミ営業の知られざる世界2.報酬支払について

不動産フルコミ営業の知られざる世界2.報酬支払について



不動産仲介を主に、フルコミ営業の一般にはあまり知られざる世界について
お話していきます。


不動産フルコミ営業の知られざる世界2.報酬支払について

固定でもフルコミでも、歩合は決済後になるので、
注意したいのが建築条件付き売地など時間のかかる契約のケースです。

だから、退職1か月から2か月前の営業マンは、
引き渡しに時間がかかる案件は絶対にやりません。

やるのは全て「引き渡しが即」である完成物件がメインです。

そうしないと契約決めても、歩合がもらえないからです。

悪質な人は、客を新しいところへ引っ張ろうとします。
それはマナー違反でありやってはいけません。



さらに怖いのは「賞与」の場合は、ブラックボックスの会社だと
辞めていく人間には当然出ませんし

賞与制で歩合が毎月でない会社は
営業だと働く価値がほとんどなしと私個人は断言します。


電話や面接でそのところは徹底的に確認しましょう。

応募前に聞いても答えてくれない場合も多いからです。

だから、7割もらえてなおかつ、コピー機利用無料くらいの特典でも
十分ありがたい話なのです。

普通は、全部自腹の世界なので。


1か月の経費はガソリン代や駐車場代が個人差があり
1か月5〜10万円、携帯電話代も含めると自腹はもっと多いですが、

経費申告して節税が可能ですので、
サラリーマンより納税は少なくすることがやろうと思えば合法的に節税できる余地があります。


その分、安定差がないフルコミならではのデメリットもありますが。

posted by 不動産営業太郎 at 23:51| Comment(0) | 不動産フルコミ営業の知られざる世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。