2014年09月19日

宅建試験受けるかどうか、決めかねている方へ

宅建手当てがどの程度もらえるのか?
どの程度就職に有利なのか?

求人情報見てから判断したい方へ

苦労が多いわりに、得られる金銭的メリットはあるので
取るなら、試験から半年以上前から決意して勉強はじめることをおすすめします。

・一生有効
・資格手当てがもらえる
・就職に有利


実務経験はなくても「有資格者」であることが大事で
宅建は仲介以外に相続ビジネスでも名刺に宅建主任者の肩書きがあると違いますよ。

宅建とりたいが営業は嫌という人は
あらかじめ営業はしません、宅建生かした事務をやりたいですとはっきり主張しないと

それで落ちたら、営業やらせる会社であったと思ってあきらめつきます。

不動産の場合、営業でなく事務ならば繁忙期以外は残業少なめで帰れます。
難点は営業事務は女性の採用が多くて男性はみな営業にかりだされる運命にあることですね。
posted by 不動産営業太郎 at 20:38| Comment(0) | 宅建試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

平成25年宅建試験終了。恒例の「解答速報発表時間」一覧


解答速報は19時からですね。

受験生から問題文をもらい、講師陣が答えと解説を社内で検討し

発表して、不合格の自覚がある人に「今日から先行割引の宅建講座の営業をする」ためのスタートでもあります。


資格の大原は17時より
http://www.o-hara.ac.jp/best/takken/sokuhou/#01


LECは18時より
http://www.lec-jp.com/takken/juken/


日建学院 19時より
http://www.ksknet.co.jp/nikken/guidance/housing/kaisoku/index.aspx


宅建ゼミナール  19時より
http://www.takuzemi.com/2013kaitosokuho.htm


住宅新報社は19時より
http://www.jutaku-s.com/page/id/52


TACは20時30分より
http://www.tac-school.co.jp/sokuhou/takken/


ユーキャン  時間不明
http://sokuhou.u-can.jp/html/pc/OJA131001_1.html


ダイエックス  時間不明
http://www.dai-x.com/takken/06_sokuho.html
posted by 不動産営業太郎 at 15:18| Comment(0) | 宅建試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宅建試験当日の今日。試験開始3時間前の私の2年前の行動記憶


今日13時から年に1回の不動産業界のお祭り的イベントの宅建試験があります。

平成25年10月20日(日)13時から15時まで(2時間)


ネットで早く申し込んでおくと、「会場」が選べます
(登録講習受講者の場合も)



今日に限っていえば、不動産屋の土日祝日で最も人が少ない1日なのです。


試験開始3時間前の私の2年前の行動記憶は

朝6時くらいに起床し、ご飯食べながらテキストの中の「何回か間違えたところ」だけ

試験問題見ては解答することをしていました。



そして、試験会場入りしたのが、1時間30分前くらいに会場入りし

大学のキャンパスの机とイスでひたすら問題解いていました。


今日はあいにくの天気なので、おそらくほぼ全員
自分の机の上で勉強しているでしょうね。


試験会場までのルートでは資格講座の業者がバイト雇って資料やチラシ渡しているので

それは必ずもらっておいて試験会場内で目を通しておいたほうがいいものです。



試験開始30分くらい前から試験説明があるから
見ることができないので、結構注意です。


だから、3時間前の行動では、

トイレ行く時間帯とタイミングを考えながら試験勉強確認すること。





毎年、必ず「試験の最中に試験官同席のもと、数名トイレに行く試験料7000円と1年間の努力を
放棄したようなお間抜けな人」が必ず出ます。

2年前当時は暑くて、空調が全館空調で個別設定ができず
エアコンの風直撃の受験生が不利でかわいそうでした。


トイレのタイミングも含め、体調管理から戦いは始まっています。

女子トイレは試験時間が迫るほど行列するので
早めに行くことと、あまり水分を試験前に摂らない事がアドバイスですね。


携帯電話やタブレットを電源落として、封筒に入れておくことなど
試験前の説明で指示される「細かいカンニング対策」があるので、
それをやらないと、試験中にバイブや着信音鳴って退場や失格扱いにもしなっては
バカみたいですからね。


トイレ休憩した時点で、時間のロスは男性でおそらく、すくなくとも3分から5分
女性では+1〜5分ロスが出る(トイレ並んでいる場合は絶望的)


宅建試験は1問2分30秒ペースで、解いていかなければなりませんから
トイレ休憩したという時間のロスとあせりで
たいていは不合格という結果になってしまうでしょう。


そして後悔するわけです。トイレ休憩なければ受かっていたかも?と。

試験管に挙手し、トイレ申告し、指示に従い、不正がないか係官連れ添いの元
トイレまで行って、さっさと用を済まして戻ってくるのですが、
「係官の指示に従って」があるので、ダッシュで往復ができません。

勝手な行動もできません。


試験終了5分前、手ごたえで受かるかどうかがなんとなく自分で分かりますが

答え合わせして、思った以上に「間違い」があるので、

間違えないようにするには、解答の中で「絶対違う」のは×

怪しいのは△にして、全部の解答を再確認しないことですね。


それをすると時間がなくなります。



試験問題は書き込みと持ち出しOKなので

基本的に「消去法」方式で絶対違う解答と、怪しい2択くらいの3種類を絞り込む試験です。



見直す際には、怪しい2択のどちらが可能性が高いか、記憶にあるか?

その選択1つで合格不合格の分かれ目になります。


さあ、受験生は7000円出してその元が取れるか、
(試験の原価なんて、おそらくたかが知れています。価格競争もない独占商売ですし)

天下り法人の役人の高給へと、ドブに捨てる結果になるか?

人事を尽くして天命を待ちましょう。


合格できたら、仲介だと必ず、資格手当があなたを待っていますよ。それも月1万から3万くらいは。


posted by 不動産営業太郎 at 10:50| Comment(0) | 宅建試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。